キャンプレポート キャンプ飯 京都府のキャンプ場 鍋料理

【京都府】園部インターキャンプ場(JMDオート&ファミリーキャンプ場)の紹介

「園部インターキャンプ場」はこんなところ

園部インターキャンプ場(JMDオ-ト&ファミリ-キャンプ場)は、京都府南丹市にあります。

京都縦貫道・園部ICから、車で10分ほど。関西エリアからアクセスの良い立地にあり、車で約1時間ほどで到着できるキャンプ場です。

園部インターキャンプ場は、4月から本格的にオープン予定です。
オフロードパークや簡易ゴルフ練習場を運営しており色々なアクティビティが楽しめます。
3月末まで特別割引で利用ができ、一足早くキャンプ場を体験してきました。
後ほどキャンプ場の紹介をします。

キャンプ飯は、洋風トマト鍋で決定

昼間の気温は8度、先週の20度を超える陽気はどこへ行ったのか…。一度、春を知ってしまったカラダには寒さが堪えます。缶詰をツマミながら、キーンと冷えた白ワインを取り出して開けようと思ったら、ワインオープナーを忘れてしまったのです。
しまった〜!!スクリューワインを選べば良かったと後悔(涙)
白ワインのために、ムール貝・オイルサーディンの缶詰を持ってきたのに~。

どうにか色々な方法で試してもワインのコルクはびくともせず。(ワインの底を叩くと、コルクが浮いてくるなんて方法もありましたが、怖くて試せませんでした…。)

諦めかけてた頃、閃いた方法は、ユニフレームのステンレスペグでした。
今まで使用する機会がなかったのですが、まさかここで役立つとは!持っておくものはキャンプギアです。
買って無駄になるものはないのですね。

コルクにユニフレームのステンレスペグを打ち込み、コルクを落とすことに成功しました!

さっぱりトマト鍋、〆はリゾット

和風の鍋に飽きてきたら、たまには洋風鍋も美味しいですよ。残ったスープを使って、パスタやリゾットが楽しめます。

  • トマト鍋のソースは、トマト鍋の素や、トマト缶&洋風出汁
  • トマト鍋の具オススメ 鶏肉(もも肉)、キャベツ、水菜、ブロッコリ、玉ねぎ、トマト、しめじ

次の日、残ったスープを使ってリゾットを作りました。朝はさっぱりして、胃に優しいものが食べたくなるのでちょうど良かったです。
リゾットは、冷凍ごはん、ソーセージを一口サイズにして入れて煮込み、全体に温まってきたら、水菜、とろけるチーズをいれて軽く温めます。
黒胡椒をきかせたら美味しかったですよ。
鍋料理は、2度美味しく、スープまで飲みきれ片付けが簡単に済みます。リピ決定のキャンプ飯です!

園部インターキャンプ場:使用料金・営業時間

【キャンプ場】園部インターキャンプ場(JMDオ-ト&ファミリ-キャンプ場)

【住 所】京都府南丹市園部町船岡横尾17
ナビで住所が登録できなかったので、キャンプ場が登録してるGoogleマップを参考にしました。
【URL】園部インターキャンプ場
【営業期間】4月1日-11月30日
【時間帯】チェックイン11時、チェックアウト10時
・次の日が平日の場合、レイト料金なしでゆっくりできるそうです。
・事前にメールや電話で聞いてみましょう
【使用料金】
・キャンプ:1泊3,000円、大人1,000/人、子ども無料(小学生まで)
・デイキャンプ:1,000円/人、子ども無料(小学生まで)、車一台1,000
 AC電源:有り(オートサイトのみ、電源3つまで)
 ゴミの取り扱い、分別した1袋につき500円
【設 備】
・簡易トイレ洋式2つ
・コインシャワー
・灰捨場
・炊事場(水栓3基)
例:大人2名+車1台=5,000

キャンプ場施設紹介

フリーサイト5サイト、隣がゴルフ練習場となります。

オートサイトはAC電源あり、3サイト。砂利なので水はけは良かったです。

キャンプ場行くまでの道のりは若干細いですね、対向車が来ると行き交うには難しいです。

「園部インターキャンプ場」の良いところ・気になるところ

良いところ
  • 自然いっぱい、森林サイトは雰囲気がある
  • 関西エリアからアクセスが良い
  • 電源付きオートサイトがある
  • 様々なアクティビティがある
  • 簡易トイレだが、温水トイレだった
  • 道の駅、スーパーマーケットが近い
  • ペット利用可
気になるところ
  • キャンプ場までの道のりは、若干狭いところがある
  • 常駐する管理人がいない
  • レンタル品や薪の販売はないので準備していこう
  • ゴミは持ち帰り(今後はゴミが捨てれるかも?)
  • サイトは、水はけが悪かった
  • トイレは、トイレットペーパーの補充置き場や、サニタリーボックスは必要
  • スマートフォンの電波は入りにくかった
オススメ度

オススメ度2.5/5点
こちらのキャンプ場は、4月から本格オープンで現在は準備中のため発展途上です。
自由度が高く、アクセスの良い立地なので、今後の設備が充実していくことを期待します。今後の情報はキャンプ場のHPを参考にしてください。

買い出しの紹介

【道の駅:京都新光悦村】
京都府南丹市園部町曽我谷縄手15-3
道の駅京都新光悦村

園部インター降りて目の前にあります。レストランやお土産が充実しており、お弁当は人気で12時30分ごろには売り切れでした。京都 祇園フリアンのサンドイッチは、パンがふわふわで美味しかったので是非食べて欲しいです!

さいごに

3連休のキャンプは、雨キャンプを避けるために出発日を1日ずらしました。
当日の降水確率は10%と低く、雨キャンプを回避できたと確信も、山に近いキャンプ場は、天気予報通りとはいきませんでした。
チェックインと同時に雨が降りはじめ、不安定なお天気となりました。(予想気温が寒かったので、おこもりになると思ってタケノコテントにして良かったです。)
自然に囲まれたキャンプ場は、私たち1組しかおらず貸し切り状態でした。鹿が降りてくると聞いていたので、少し心配になりました。
夜中、鹿の鳴き声が何度も聞こえてきて、神秘的のような、怖いような気持ちになりながら寝床につくのでした。
キャンプ場は、やっぱり何組か泊まってくれたほうが心強いなぁとふと思ったのでした

-キャンプレポート, キャンプ飯, 京都府のキャンプ場, 鍋料理